スパイク・リー監督から学んだこと


昔から一人でカフェに行くのが好きで

それはLAでも日本でも何も変わらず

特に、家ではダラダラしがちなので

作業しなきゃいけないことがあるときには

ノートパソコンやら諸々詰め込んだ

重っいリュック背負って

街へ繰り出します(古い言い方?笑)

今日も

いつものカフェのいつもの席に座っていたら

お隣でサラリーマンが軽いミーティング?を始めました。

それを見ていて

ふとあることを思い出しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スパイク・リーをご存知でしょうか?

『ドゥ・ザ・ライト・シング』とか

『マルコムX』とかで有名な

映画監督さんです。

大御所さんですよね。

彼の『Miracle at St. Anna』(セントアンナの奇跡)

という作品のオープニングタイトルに関わった時の話です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

通常、クライアントとのミーティングには

監督、プロデューサー、エディター、プロダクションアシスタントなどなど

少なくとも3、4名、多いときは10名近くいます。

あちらサイドね。

うちサイドからも

通常3~5名ほどで参加しますが

この時のプロジェクトは

15秒ほどのグラフィックのみ、で

割と小さめなプロジェクトだったこともあり

会社のトップであり

クリエイティブディレクターであるボスと

私の2名のみでミーティングに向かいました。

当然、あちらサイドは

最低3、4名はいるんだろうな~

と思っていたら

え!?

なんと

1人?

しかも

スパイク・リー

のみ?

マジで?

でした(笑)

こういうパターンは

なかなかなく

特に

大御所な場合は

来ない

てパターンはあっても(笑)

1人って...

全部で3回ほどミーティングしましたが

全回1人

なかなか斬新(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ミーティング中

緊張しつつも

なるほどね~!

と思ったことがあります。

あのね

とにかく

効率がいいのです!

アメリカの仕事の仕方って

確かに

日本と比べたら

効率いいこともいっぱいなんですが

実は

効率わるっ!

てことも結構あるのです。

監督、プロデューサー、スタジオのお偉いさんなど

それぞれが違う考えを持ってます。もちろん。

自己主張の国ですしね(笑)

で基本、

お金を一番出してる人が一番力を持っている

ていう

世界共通のルールもあります。

なので

途中で意見が変わっていったり

最後の最後、もうすぐ仕上がるよ~

て段階で方針が全く変わって

1からやり直し、とか

酷いときはプロジェクト自体がなくなる

とか

そういうこと

少なくないんです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スパイク・リーの場合

大御所だし

多分お金も出してるしね

彼が一番の発言力を持っているわけです。

最初から

彼本人と話を進めていったほうが

確実だし

話が早い早い。

なるほどな~

効率いいってこういうことね~

と思ったことを

隣で

あーだこーだ永遠と話しているリーマン達を見ながら

ふと思い出していました。

人生には無駄は必要!

でもミーティングには要らないね!

てことを圧強めなスパイクから学んだ

て話です(笑)

いや~圧強かったんですよ。

あ、全然いい人なんですよ。

でも、なんか、圧が...(笑)

こっちが勝手に感じ取っているだけかもですけどね。

ではまた! LOLV♡